散歩で見つけた 埋もれたもの

「散歩とはなんだろう」と今さらだが考えてみた。

用向きのない 彷徨い歩き》なんでしょうな、たぶん。

私とて用があって何時までに到着せねばならぬとなれば、最短距離を歩きます。

 

しかし友人Aneyとの鎌倉歩きは、最終地点になかなか到達せずに道草ばかりだ。

気になる裏道を見つけるのも二人同時で、

どうする? この道 入ってみる?

とりあえず聞くけれど、

やめよう」という選択肢は、二人にない。

(もしかしたら彼女が合わせてくれてたのかも知れないが…)

そんな《徘徊》といった方が正しい道中では、色々なものに巡り合えるから愉快である。


向ヶ丘駅前

f:id:garadanikki:20211203133359j:plain

 

コンクリートに埋もれ、オブジェと化した井戸

f:id:garadanikki:20211203133404j:plain


鎌倉 御成町

f:id:garadanikki:20211203133409j:plain

 

生垣に埋もれ、一体化するカーブミラー

f:id:garadanikki:20211203133414j:plain