旧東京市営店舗向住宅

清澄庭園と深川江戸資料館を堪能し、流石に空腹を覚える。

落語会の開演は18時半、まだ一時間半もある。

やはり、いくらなんでも家を出たのは早すぎたかな。


せっかく深川に来たんのだから、深川めしというやつを堪能しよう。

f:id:garadanikki:20140117170709j:plain

地域密着っぽい店があった。
ここにしよう。

f:id:garadanikki:20140117170729j:plain

ガラッと戸を開けたら、思いのほか狭いので驚いた。

左の小あがりは7人位座れるくらい、右にはカウンターが4席ほど。

初老のご主人がひとりだけで、口開けの時間で客はなし。

「何にします」

「深川めしください」


待つことしばし、配膳されました。

f:id:garadanikki:20140117171838j:plain

「熱いから、気をつけてね」

 

そうよ あんかけだもの、なかなか冷めないもの。

猫舌の私は、あんかけ丼が冷めるまで蕎麦茶を飲んで、お新香を食べる。

f:id:garadanikki:20140117171844j:plain

「あの、写真撮らせてもらって、いいですか?」

「どうぞどうぞ」


あんかけ丼を、おっかなびっくり食べ始めたところに奥さんが帰ってきた。

「いらっしゃいませ」

「おじゃましてます」

 

おじゃましてます、というのも変だったなと苦笑いしながら食べてると、ご主人が静かに話し出す。

「どこかで、写真撮れました?」

「清澄庭園と深川江戸記念館に行ったので、一杯撮っちゃいました」


狭い店内はややもすると圧迫感を感じる距離感なのに、なんだろう、この寛げる雰囲気は。

ご主人も奥さんもニコニコ笑いながら、さりげなく話をふる。

もちろん食事の邪魔にはならない態である。

私の方は、久しぶりに帰った実家にいる気分になった。

 

いろいろなことを聞いてみた。

まず気になってたあのレトロな建物のことを。

f:id:garadanikki:20220110141106j:plain

ご主人のお話によれば、
あれは、昭和の初めに建てられた東京市の建物なんだそうだ。
今では、おもいおもい屋上部分にプレハブを増築したりしているが、当時は屋上が全部同じ高さでつながっていたので、ご主人が子供の頃は、よくあそこで遊んだんだそうだ。
「どうやって屋上に登るかっていうとね、
 清澄庭園の木によじ登って、そこから飛び移るんですよ。
 でも帰りは大変なの。屋上から木に移るのは、それは苦労したなぁ。
 それでも広くて楽しいから、良く登ったなあ。
 大勢でダダダッと走り回るんだもの、下の家の人はうるさかったでしょうね。
 でも優しいよね、一回も怒られなかった」

ご主人は当時の様子を懐かしそうに話してくれた。

あの長屋には、実は地下もあるんだそうです。
ご主人もつい最近まで知らなかったけど、タモリ倶楽部で取り上げられて知ったのだそうです。

それからご主人と奥さんから、
「江戸資料館の街並みは、実際にこの先の深川佐賀町の街並みをモデルにしてる」という話や
「木場の河岸は河津桜の名所」だという話も聞いた。
 
河津桜といえば、親友 ( MAMAとオネエチャマ ) に『伊豆、河津桜満喫ツァー』に誘われたのだが、仕事で行けずに残念に思っていたところだ。
今度の仕事場は箱崎だから、木場なら見に来れるぞ。
ということで、お花見の節は、また寄らせてもらいます。
ご主人、奥さん、そのせつはまたよろしく。

f:id:garadanikki:20140117174330j:plain

 

f:id:garadanikki:20140120223132j:plain

深川江戸資料館

清澄庭園を出て、深川江戸資料館に向かう。

資料館の小劇場で催される落語会は19時だから、まだ3時間半もある。

ならば、徘徊 徘徊  (;'∀')


何だかレトロでいい感じの建物が続いている。

f:id:garadanikki:20220110141106j:plain

同じ鉄筋の建物が繋がっているが、それぞれ塗装が違っているのが面白い。


深川江戸資料館の通りの入り口

f:id:garadanikki:20220110141113j:plain


あっあの人、名物のカツラオジサンだ。

f:id:garadanikki:20140117152937j:plain


この辺は、お寺さんが多い。

f:id:garadanikki:20220110141129j:plain


深川めし、食べようか。

f:id:garadanikki:20220110141140j:plain

でも、回れ右。

江戸資料館は17時までだから、ご飯はその後にしよう。

 


深川江戸資料館は、昭和61年にオープンした文化施設で、

建物の中には小劇場と、江戸時代の街並みを再現した展示室があるらしい。

f:id:garadanikki:20220110141146j:plain

入口で400円払って、導入展示室を抜けると、、、

f:id:garadanikki:20220110141152j:plain

どこやらで、物売りの声がする。


階段をおりて左側が大店。

f:id:garadanikki:20220110141158j:plain

屋根の所に「深川佐賀町 干鰯魚〆粕魚油問屋 多田屋又兵衛」という看板がかかっている。

店の前の日除け幕も忠実。

深川佐賀町には、多田屋という大店が実在したそうで、

文政7年 (1824 ) 出版された『江戸買物獨案内えどかいものひとりあんない 』にも載ってます。

f:id:garadanikki:20140119230609j:plain

江戸買物獨案内は、江戸時代のガイドブック。

お店が広告料を払えば、屋号だけでなくお店の紹介もするという画期的な雑誌。

 

f:id:garadanikki:20140119230015j:plain

f:id:garadanikki:20140119230150j:plain

出稿料の多寡で掲載スペースを変えることまでしているそうな。

そのため有名店でも、お金を払わなければ掲載されていないんだそうです。

じゃ、やっぱり多田屋さんは大店だ。

 


多田屋の右側には、「八百新」という八百屋があった。

f:id:garadanikki:20220110141203j:plain

ラインナップは、大根、人参、青菜、ごぼう、クワイ、蓮根に長ネギなど。

f:id:garadanikki:20220110141209j:plain f:id:garadanikki:20220110141227j:plain

f:id:garadanikki:20140117154302j:plain

写真がブルーだったりオレンジだったりするのは、館内の演出で、

照明が、朝・昼・晩・夜と20分かけて変わっているらしい。

 

 

江戸時代の室内は昼でもこんなに暗かったのか。

写真を撮るにはひと苦労。

※ とても見にくいので写真の明るさは微調整しています。

f:id:garadanikki:20140117154240j:plain

 

「八百新」の隣は、「上総屋」という舂米屋。

舂米屋つきごめやというのは、米問屋から米を仕入れて庶民に売る店らしい。

f:id:garadanikki:20140117163947j:plain


この展示場の凄いのは、畳の上にもあがって良いこと。

f:id:garadanikki:20140117154506j:plain

あの、番頭さんが座る帳簿台のところに座って記念撮影する人も多いらしい。

 

あっちからでも、こちらからでも入れる。

f:id:garadanikki:20140117155231j:plain f:id:garadanikki:20140117154445j:plain

江戸時代にタイムスリップしたような感覚になった。

f:id:garadanikki:20140117154406j:plain f:id:garadanikki:20140117154345j:plain

モタモタしていたら、多田屋さんの蔵が夜になってしまった。

f:id:garadanikki:20140117154520j:plain

 

船宿の二階が見える。

f:id:garadanikki:20140117154536j:plain

ここの建物は当時の建て方と同じに作ったらしい。

f:id:garadanikki:20140117154545j:plain



ほらほら、

またモタモタしていたから、昼の光になった。

f:id:garadanikki:20140117154611j:plain

これはいったい何ぞや。移動型の物干しかな。

来た道を振り返る。

f:id:garadanikki:20140117163915j:plain

 

稲荷鮓

f:id:garadanikki:20140117154634j:plain

ああ、お稲荷さんか。

f:id:garadanikki:20140117154717j:plain

 

船着き場は、ちょっとチープ ww

f:id:garadanikki:20140117154701j:plain

こっちから見るといいかも。

f:id:garadanikki:20140117163748j:plain  f:id:garadanikki:20220110141308j:plain

 

船宿はいい雰囲気。

f:id:garadanikki:20140117154728j:plain

船宿は、飲食や宴会もできる小料理屋みたいな所だそうです。

だから、徳利が沢山。

f:id:garadanikki:20140117154813j:plain

こんちわと、入ってみたくなる。

f:id:garadanikki:20140117163903j:plain

食器やお道具も全部、当時の物を忠実に用いてるそうで、

手に入らないものは、《ひとつひとつ 作った》っていうから凄い。

f:id:garadanikki:20140117154857j:plain f:id:garadanikki:20140117154852j:plain



このアングル、「御宿かわせみ」の雰囲気だわ。

f:id:garadanikki:20140117163819j:plain

 

この船は猪牙舟ちょきぶねというそうです。

いわゆる水上タクシーで、人や荷物を運んでくれるもの。

f:id:garadanikki:20140117163749j:plain



ここは「火除け地」といって、火事の時に燃え移るのを防ぐために設けられた広場になっている。

f:id:garadanikki:20140117164159j:plain

水茶屋、天ぷら屋、二八そばの屋台が集まってます。

f:id:garadanikki:20140117154942j:plain f:id:garadanikki:20140117154934j:plain

天ぷらも、そばも、さっきの稲荷ずしも、ファストフード。

f:id:garadanikki:20140117155015j:plain

 

 

f:id:garadanikki:20140117155030j:plain

水茶屋の裏を抜けると、素敵な路地があった。

f:id:garadanikki:20140117155132j:plain

縁側に隣接してるのは厠でしょう。

縁側のところに蹲があるし、上には手拭もかかってる。

そうか。船宿の縁先か。

f:id:garadanikki:20140117164123j:plain


板塀にでんでんむし(笑)

f:id:garadanikki:20140117155145j:plain

路地を抜けると長屋があった。

ここは長屋の住民の共同スペースで、井戸・便所・ごみ溜め・稲荷がある。

f:id:garadanikki:20140117155340j:plain

井戸の桶も凄い。

f:id:garadanikki:20140117155307j:plain

一個ずつ、汚しをかけている。

f:id:garadanikki:20140117155316j:plain



井戸の前は、舂米屋さんの土蔵。

f:id:garadanikki:20140117155412j:plain

中も凄い、本物みたいだ。

f:id:garadanikki:20140117155434j:plain



圧巻は、長屋でした。


5つの長屋は、それぞれの家族構成や職業に合わせて調度も整えているの。

① 棒手振りの政助の一人住まい。

f:id:garadanikki:20140117155446j:plain

棒手振りとは、天秤棒をかついて、あさりやしじみのむき身を売り歩く仕事。

だから障子に「むきみ」と書いてある。

洗濯物は半纏だし、一人住まいという感じがよく出ています。

f:id:garadanikki:20140117155522j:plain



② 舂米屋の職人 秀次の住まい。

f:id:garadanikki:20140117155546j:plain

見えるかしら。

門の上の所に「久松るす」という札が貼ってあるけれど、これはインフルエンザの除け札だそうです。

昔、インフルエンザのことを「お染風」と言って、

道行浮塒鴎みちゆき・うきねのともどり』のお染というお嬢さんが、許婚がありながら丁稚の久松にコロッと惚れちゃうことから、すぐにお熱になっちゃうお染をもじって「お染風邪」と言ったらしい。

それなら恋人の《久松が留守》だという札貼っておけば、お染風は近づかないだろうということ。

細かいとこまで楽しんで作ってる。凄いわこの展示。



もうひとつ。

戸口の脇の穴もニクイ。

わざと経年劣化した感じにしようと、一回作った壁をホジホジしたんだと思う。



秀次さんの家の家族構成は、奥さんと子供の3人。

物干しには子供のおしめが干してある。

f:id:garadanikki:20140117155606j:plain



③ 船宿の船頭 松次郎の住まい。

f:id:garadanikki:20140117155736j:plain

松次郎さんは独身。

お椀と汁椀がひとつしかない。

f:id:garadanikki:20140117155751j:plain

 


④ 三味線の師匠 於し津さんの住まい。

f:id:garadanikki:20140117155627j:plain

於し津さんは、読み書き、手習い、裁縫も教えているらしい。

f:id:garadanikki:20140117155640j:plain

流石に女性らしい、小ざっぱりした住まい。

謡本に、山茶花の一輪挿しなんて、ニクイ演出だ。

f:id:garadanikki:20140117155709j:plain



⑤ 木場の木挽き職人、大吉の住まい。

f:id:garadanikki:20140117160020j:plain

大吉さんは奥さんと二人暮らし。

壁には商売道具の大鋸がかかっている。

 

おやっ、さっきから「にゃ~」といってたのは、あなたですか。

f:id:garadanikki:20140117160646j:plain

でも君、ほんもののにゃんこより大きいね。

以上で一周終わりました。

ゆっくり色々見て回り、2時間くらい居たことになるかな。

館内には、2~3人の係の女性がいて、色々解説とかしてくれるみたい。


さっき、カップルに、この札の話をしていた。

f:id:garadanikki:20140117164033j:plain

私も聞きたかったんだけれど、閉館時間になったので今日はあきらめます。

こういう展示で《一回来たら もういいや》という所も多いけど、ここはまた来たいと思わせる施設です。

細部までこだわって作ってるから、見逃したところが沢山ありそうなんですもの。

f:id:garadanikki:20140117155253j:plain



深川江戸資料館、最高でした。

また来ます!

f:id:garadanikki:20140117170015j:plain


f:id:garadanikki:20140915205359p:plain

 

深川江戸資料館
〒:江東区白河1-3-28
TEL:3630-8625
定休日:年末年始、第二・第四月曜日 ( 祝日と重なった場合は翌日 )
営業時間:9:30~17:00

清澄庭園

 

深川江戸資料館で落語の会があるというので出かけることになり、

折角なので早めに家を出て、清澄公園に寄ろうと思う。

f:id:garadanikki:20220107144828j:plain


14時04分。

早めにといっても、流石に早過ぎたかな。

でも、どんな面白いことに巡り合えるかわからないし、

開演まで5時間もあるけれど、まあ、いいか。

f:id:garadanikki:20140915183921j:plain

おおきいmapは、←こちらから

 

清澄庭園は1932年 ( 昭和7年 ) に東京市の公園として開園された。

庭園は入館料が必要だが、隣接する清澄公園の方は無料。

 

庭園と公園を合わせた約3万坪は、岩崎弥太郎の持ち物だった。

その前は紀伊國屋文左衛門さんの屋敷があったそうだ。

江戸の豪商の地所が、明治の豪商の所有に代わるとは面白い。

 

岩崎弥太郎はここを、社員の慰安や貴賓の招待の場として使用したそうだ。

因みに自邸は、台東区池之端一丁目 ( 旧下谷区茅町 ) にある。

下流武士から政商となり三菱財閥を創設した人だ、どれだけの資産を持っていたのだろう。

 

当時の池には、隅田川から水を引いたというのだから、とてつもない費用をかけたのだろう。

池の周囲には、岩崎家が自社の汽船を用いて集めたという見事な石が転がっている。

いや、転がってるわけじゃないか (;^_^A


清澄庭園の見どころは池と石かな

入場料を払ってすぐの所に売店があった。

f:id:garadanikki:20220107144232j:plain

お麩とボンタンアメを購入。

f:id:garadanikki:20220107144238j:plain

 

お麩は「鯉のエサ」って書いてあったが、鯉はあまり興味を示さない。

f:id:garadanikki:20220107144700j:plain

むしろ「鳥の餌」 ww

f:id:garadanikki:20220107144710j:plain

庭園の入口の注意書きに「動物にエサやり禁止」と書いてあるが、

「持ち込んだ人間用の食べ物をあげるな」という意味らしい。

ポップコーンとか煎餅とかを池に撒く人がいるらしく、ここの鯉はでぶちんです。

体に悪いものの方が美味しい、というのは魚も人も同じようで、お麩には見向きもしない。
※ ポップコーンは絶対にいけません。

 

庭園の名石は、飛び石になってたり、

f:id:garadanikki:20220107144244j:plain


燈籠になっていたり、

f:id:garadanikki:20220107144249j:plain


ただ、置いてあったりする。

f:id:garadanikki:20220107144322j:plain


人は《年と共に愛でるものが変わる》という話を聞いたことがある。

愛でるものは、いきもの ( 人間の異性も含む )  から始まり、

植物になり、死に近づくと最後はに魅かれるらしい。

 

今日はなんだか、石に魅力を感じます。

f:id:garadanikki:20220107144255j:plain

あんな所にも燈籠がある。

( mapによると松島という島で、燈籠は雪見燈籠とのこと )


温かいのかな、鳥が乗っている。

f:id:garadanikki:20220107144301j:plain


松島にアオサギ。

首を折りたたんで、寒いとあんな風になるのか。

f:id:garadanikki:20220107144340j:plain


ヒドリガモも寒いそうだ。

f:id:garadanikki:20220107144346j:plain


みんな 寝ている。

f:id:garadanikki:20220107144329j:plain


ちみは寝ないの?

f:id:garadanikki:20220107144311j:plain


オナガガモっていうらしいです。

f:id:garadanikki:20220107144316j:plain


寝てないのはキンクロハジロと

f:id:garadanikki:20220107144335j:plain


ユリカモメたち。

f:id:garadanikki:20220107144306j:plain

ユリカモメは、可愛い顔をして凶暴なのだと、さっきオジサンが言ってた。

 

 

池を右回りに1/4くらい来た所。

なかなかの絶景。

f:id:garadanikki:20220107144352j:plain

 

石版は「清澄園記」といって、弥太郎さんがどうしたこしたと書いてある。

f:id:garadanikki:20220107144403j:plain

f:id:garadanikki:20220107144358j:plain

(全てクリックすると大きくなります。)


自由公園の所に「芭蕉の句碑」があった。

f:id:garadanikki:20220107144409j:plain

芭蕉の有名な「古池の句」が書かれてるのだが、建てたのは晋永湖という俳人で、

元々400mばかり先の芭蕉庵に建てたものを、改修の時に「狭い」といってここに持ってきたらしい。



「芭蕉の句碑」の脇の柳。

下から見上げると、ハリーポッターの “ あばれ柳 ” みたいだ。

f:id:garadanikki:20220107144415j:plain


あずまやの脇に奇妙な石がある。

ずっと見てきた中で一番好きな石だが、何故かこの石には看板がない。

f:id:garadanikki:20220107144421j:plain


お池 ( 大泉水 ) の方に戻ってきました。

あっあれは、、、

f:id:garadanikki:20220107144427j:plain

スカイツリーじゃないですか

f:id:garadanikki:20220107144433j:plain


涼亭は有料予約制施設だそうで、3時間半5,500円で借りられるらしい。

f:id:garadanikki:20220107144439j:plain

中から楽しそうな声が聞こえる。

f:id:garadanikki:20220107144445j:plain


池の方から見た涼亭

いいなあ、飲酒もOKらしいから、皆で借りてみようかしら。

f:id:garadanikki:20220107144654j:plain



春日燈籠

f:id:garadanikki:20220107144451j:plain



右側の小高い所は富士山。

f:id:garadanikki:20220107144503j:plain

「登るな」って書いてあるけれど、富士山詣でしたいなぁ。

f:id:garadanikki:20220107144509j:plain


さあ、ここらで撒いてみますか。

お麩 投げる! バタバタ やって来る!!

f:id:garadanikki:20220107144515j:plain


カラスは来ないのか。残念。

f:id:garadanikki:20220107144536j:plain


遠くからでも

f:id:garadanikki:20220107144525j:plain

お麩 見えるのかしら

f:id:garadanikki:20220107144520j:plain

 

おっ、あいつ。お麩 確認した。

f:id:garadanikki:20220107144530j:plain


どんどん来た 

f:id:garadanikki:20220107144542j:plain


可愛い顔なのに、ぎょ~ぎょ~と鳴く。

f:id:garadanikki:20220107144549j:plain


つばさ きれい

f:id:garadanikki:20220107144555j:plain


一個のお麩を4羽でとりっこ

f:id:garadanikki:20220107144601j:plain



目が合った

f:id:garadanikki:20220107144613j:plain


君は美しいねぇ 

そうお、どうもありがとう

f:id:garadanikki:20220107144625j:plain


「もう、おしまい」と言ったら去って行きました。

f:id:garadanikki:20220107144607j:plain

ああ面白かった。

・・・だか、ちょっと取り残された感がある。

 


そうだ花見をしよう

ミツマタに

f:id:garadanikki:20220107144630j:plain


水仙に

f:id:garadanikki:20220107144636j:plain


シャクヤクに

f:id:garadanikki:20220107144812j:plain


フクジュソウ

f:id:garadanikki:20220107144807j:plain


雪吊りをしてもらっている松や

f:id:garadanikki:20220107144457j:plain


雪囲いをしてもらっているシャクヤク

f:id:garadanikki:20220107144802j:plain


何だかわからないものも完全防備

f:id:garadanikki:20220107144817j:plain



磯渡りを渡って一周おわり。

1時間半のまる散歩でした。

f:id:garadanikki:20220107144642j:plain



f:id:garadanikki:20220107144648j:plain

  清澄庭園
〒:東京都江東区清澄3-3-9
TEL:03-3641-5892 ( 清澄庭園サービスセンター )
定休日:年末年始 ( 12/29~1/1 )
営業時間:09::~17:00 ( 入園は16:30まで )