豊橋 まだまだ歩く~ハリストス正教会

安久美神戸神明社のすぐ近くに、美しい教会があった。 おやおや? どんな茂みに隠れている子も、見逃さないの私。 そんなに睨まないで、何もしないから。 豊橋に来て初めて会った猫さんなんだから。 そうなのこの花壇がチミの特等席なのね、わかったよ邪魔し…

豊橋まだ歩く~安久美神戸神明社

豊橋公会堂の近くに安久美神戸神明社という神社があると聞き、立ち寄った。 こちらのお祭は、何でも鬼とたん切飴を使う奇祭なんだとか。 『厄除 鬼まつり』のことだろう。 2月10日、11日と書いてある。 国道一号線沿いの大鳥居をくぐり、 小さな通りを渡ると…

豊橋を歩く~豊橋市公会堂

豊橋公園を出て、もう少し歩こうと思う。 だってまだ 7時20分だもの。 これはお巡りさんが立っている「見張所」でしょうか。 お城でしょう? いつの時代に、誰が立ち番してたのか。 公園を出たところにある公会堂は、町のシンボル的建築物。 まだ朝なので、…

豊橋公園~吉田城

桜の開花までもう少し。 豊橋公園を散策。 地図を見て、右回りに歩きだす。 『徳川家康公腰掛松旧阯 』 徳川家康公は、色々な場所に出かけて腰を降ろされたのか、 日本各地に家康の腰掛石というのがある。 勝利祈願においでになった先のどこそこで「休憩され…

野外彫刻について

豊橋の街中には、彫刻が沢山置かれている。 駅前のペデストリアンデッキ という場所にも、こんなに沢山ある。 「ペデストリアンデッキ」という言葉、初めて知ったが、 車道の上にある歩行者用の回廊や広場のことをいうらしい。 でも。 「ペデストリアンデッ…

豊橋 路面電車に乗る

豊橋に仕事で来ている。 仕事ですっ でも。 仕事は9時半からだから早起きすれば 散歩 できる。 午前5時 駅前広場に、路面電車の乗り場がある。 「豊橋まちなか お店マップ」によると、この市電 ( 豊橋鉄道東田本線 ) は、主要名所を繋いでいる。 路面電車は…

豊橋の食日記

豊橋の美味しいものは何だろう。 なんのリサーチもしないまま、電車に飛び乗ったのでわからない。 仕方ない、出たとこ勝負でいってみるか。 それに、仕事で来たんだから食道楽はできません。 小腹が空いたので、差し入れはないかと町に出た。 お饅頭屋さんが…

ホテルアソシア豊橋

豊橋出張でホテルに到着した。 今夜の宿は ホテルアソシア豊橋 で、宿泊代金は仕事先が出してくださるので正確な料金はわからない。 ビジネスで使うよりワンランクもツーランクも上の部屋であることは間違いなく、 もったいないほどのおもてなしに感謝である…

さつまのお腹

さつまの後姿。 最近さつまは何故かわからないが、お尻を向けるようになった。 かまって欲しいけれど、自分の方からは行かないと決めたのかも知れない。 でもこの体形、やはりもっちゃりしてきたかな。 食欲も旺盛だし、ご懐妊間違いなし。 ねぇ、さつま。 …

ご懐妊 ?

さつまの様子がなんだか変で、ひっくり返してみたらお乳が張っている。 お腹に赤ちゃんがいるみたいだ。 お気に入りのコロコロで遊ぶ さつま さつま が産まれたのは、去年の5月。 初めてお目見えした時の写真がこちら。 2013年5月31日撮影さつま と とんとん…

つかの間の鎌倉

湘南新宿ラインに乗っています。 駅弁を食べています。 車窓の風景、どこだ? 北鎌倉あたり 11時に出発して、15時には帰宅。 鎌倉滞在は2時間ほど。 目的は、オネエちゃまとMAMAにプレゼントする為の、 La for e t et la table(ラフォレ・エ・ラターブル)…

素晴らしいサンドイッチ ~ 亜細亜料理 Bistrot Ami

仕事場で、ちょっとした祝い事があり、 スタッフが、こんな素敵な差し入れを調達してくれた。 花束か? いやいや、バケットがのぞいている。 キャンディー包みのセロファンを開けると、 美味しいウィンナーのバケットサンド。 こちらはスイーツ系 生クリーム…

cafe 奏

池袋の東京芸術劇場の2階にその店はある。 芸術劇場は、昨年の9月にリニューアルオープンした。 以前のアトリウムには、真ん中に大ホールへと続く巨大なエスカレーターがあった。 改装後、エスカレーターの位置は奥の壁沿いへと移動された。 私は前の方が好…

万世橋を歩く

仕事の合間に、秋葉原に買い物に来た。 万世橋から神田川の下流 ( 東方向 ) を見る。 橋の北詰を見ると、何やら気になる小窓が見える。 南詰にも地上から下に降りる階段と小部屋。 かなり古い建物だが、あれは何だろうか。 地上には公衆トイレがあり、丁度地…

気になる蕎麦

備忘録 7年も前の写真に、とても気になる蕎麦があった。 どんな味なのか、さっぱり思い出せない。 右側に春菊の天ぷらがあるということは温かい蕎麦なのだろうが、 蕎麦のつゆは透明にちかいただのお湯のように見える。 真ん中のミートボールのようなものは…

サッチモの遠足

最近、この辺りに血統書付の良さげな猫が出没するって話だ。 ん(?_?) 遠くに見える、あれのことかな。 ・・あんた、もしかして サッチモかい? 男同士なのに・・・ - garadanikki サッチモを面倒みてらっしゃる林太郎くんのお母さんに電話をしたら、 サッチ…

コロコロ 争奪戦

意気消沈のミーシャ。 どうしたの? 妹に、コロコロ取られちゃったのか。 最近この子たちが気に入ってるのがコロコロ。 ベルボールプラスという商品なのだが、 四個入りの中に二つしか入っていない。 残りの二つはプラスチック製で、それは見向きもしない。 …

日本橋あたり

今日までほぼ1か月、日本橋が仕事場だったが、明日から池袋に移動する。 なので、日本橋のいい景色を思い出に。 元木橋から大島川西支川を望む。 清澄公園の向うに東京スカイツリー いいかんじの街灯 根っこも思い出に ぐ~んと伸びて まだまだ伸びて あ~…

松平家いっぱい

深川をプラプラ歩いていると、色々な案内図がある。 そういえば。 このあたりの古地図 (安政6年(1859~1860)須原屋茂兵衛版『江戸大絵図』)の本所深川を見ると、 『松平○○』と書かれた屋敷が乱立している。 松平陸奥、松平和泉、松平下総、松平阿波、松平伊…

和菓子處 田川堂

茅場町から霊岸橋を渡り、新川一丁目の交差点を左に折れたところに、その店はある。 何度か車で通り、ずっと気になっていた店だった。 仕事が佳境にはいり「ちと みなさんお疲れモードか」と思い、甘いものを差入れしようと来店した。 以前来た時は、戸口に…

日本橋に ぺんぎん?

茅場橋から、日本橋川を見下ろしたら何かいる。 なんだありゃ、日本橋ですよ お江戸日本橋。 ぺんぎんみたいに立っていたかと思ったら、羽を広げた。 ずっと見ていたら、通りがかったご婦人に声をかけられた。 「なに見てらしたの?」 「あれですあれ。変な…

シャンデリア

東京では午後から、本格的な雪が降るとのこと。 雲行きが怪しくなり、雨がポツポツ降り出した。 憂鬱だなあ。 あら 木の枝に雨のしずく シャンデリア みたいだ。 なんだか愉しくなった

ロミ君と再会

にゃんこに会いたくて集会場に行くと、「グルグル」と喉を鳴らして近づいてくる子がいた。 「グレゴリーかい?」 違うよ!とムッとした顔をしつつも「グルル」と喉を鳴らしている。 よく顔を見て驚いた。 半年前から姿を消していたロミだった。 「ロミ君かい…

一番好きな場所

ここしばらくは、ボスの仕事の手伝いで忙しい。 しかし、休日になると矢も楯もたまらず。 一番好きな場所に向かいます。 鎌倉へ 野菜も美味しいし。 ( 連売 ) パンも美味しいし。 ( ラフォレアラターブル ) 洋服も手ごろでいい感じだし。 ( M&Mフラワーズ…

深川散歩~ 日本橋中洲

「2014年01月27日、深川を歩く」の最後は、日本橋中洲を辿ってみたいと思う。 まずその前に、小山内薫『大川端』の話をすこし。 小山内薫とは 小山内薫は、明治末から昭和初期まで活躍した劇作家・演出家である。 《47歳》という短い生涯だったが、日本の新…

深川を歩く ~ 旧東京市営店舗住宅

仙台堀川の清澄橋から東に進む。 この堀端は「芭蕉の散歩道」というらしい。 桜並木か、花の盛りはさぞや、 立て札に、芭蕉の句が書かれている。 おくのほそみち「忍ぶの里」の中で詠んだ俳句らしい。 海辺橋とは、きてれつな名だ。 多分この橋を渡れば、旧…

深川を歩く ~ 育ちざかり

清澄橋のたもとの集会所に。。 木の根っこ。。。 どんどん。。 どんどん。。。 どこまで伸びてくつもり? もう少し歩いてみようか、続く

佐賀町を歩く ~ セメント工場・清澄排水機場

深川あたりは、江戸の中心地だったので興味深い史跡が点在する。 これもそのひとつ。 平賀源内電気実験の地 石碑が建っているのは江東区清澄1丁目。 読売江東ビルの一角である。 源内は48歳の時この地で、実験を行ったらしい。 石碑の横にはこんなことが書い…

佐賀町を歩く ~ 上之橋

「昔の面影がどこかにないかな」と思い、歩いていたら 上之橋についての案内板があった。 要約すると、 昔、この辺りに上之橋、中之橋、下之橋という3つの橋があって、 それらを境に上佐賀、中佐賀、下佐賀という地名だった。 中之橋と下之橋があった場所は…

佐賀町を歩く ~ 佐賀稲荷神社

仕事の合間に少し時間があいたので散歩に出る。 日本橋箱崎から隅田川大橋を渡って佐賀町を散策することにした。 隅田川大橋から上流・両国方面を見る。 このあたりは、どこからでもスカイツリーが画角に入る。 歩くコースは、こんな感じになると思う… 何故 …