ぶらMarco

豊橋 まだまだ歩く~ハリストス正教会

安久美神戸神明社のすぐ近くに、美しい教会があった。 おやおや? どんな茂みに隠れている子も、見逃さないの私。 そんなに睨まないで、何もしないから。 豊橋に来て初めて会った猫さんなんだから。 そうなのこの花壇がチミの特等席なのね、わかったよ邪魔し…

豊橋まだ歩く~安久美神戸神明社

豊橋公会堂の近くに安久美神戸神明社という神社があると聞き、立ち寄った。 こちらのお祭は、何でも鬼とたん切飴を使う奇祭なんだとか。 『厄除 鬼まつり』のことだろう。 2月10日、11日と書いてある。 国道一号線沿いの大鳥居をくぐり、 小さな通りを渡ると…

豊橋を歩く~豊橋市公会堂

豊橋公園を出て、もう少し歩こうと思う。 だってまだ 7時20分だもの。 これはお巡りさんが立っている「見張所」でしょうか。 お城でしょう? いつの時代に、誰が立ち番してたのか。 公園を出たところにある公会堂は、町のシンボル的建築物。 まだ朝なので、…

豊橋公園~吉田城

桜の開花までもう少し。 豊橋公園を散策。 地図を見て、右回りに歩きだす。 『徳川家康公腰掛松旧阯 』 徳川家康公は、色々な場所に出かけて腰を降ろされたのか、 日本各地に家康の腰掛石というのがある。 勝利祈願においでになった先のどこそこで「休憩され…

野外彫刻について

豊橋の街中には、彫刻が沢山置かれている。 駅前のペデストリアンデッキ という場所にも、こんなに沢山ある。 「ペデストリアンデッキ」という言葉、初めて知ったが、 車道の上にある歩行者用の回廊や広場のことをいうらしい。 でも。 「ペデストリアンデッ…

豊橋 路面電車に乗る

豊橋に仕事で来ている。 仕事ですっ でも。 仕事は9時半からだから早起きすれば 散歩 できる。 午前5時 駅前広場に、路面電車の乗り場がある。 「豊橋まちなか お店マップ」によると、この市電 ( 豊橋鉄道東田本線 ) は、主要名所を繋いでいる。 路面電車は…

豊橋の食日記

豊橋の美味しいものは何だろう。 なんのリサーチもしないまま、電車に飛び乗ったのでわからない。 仕方ない、出たとこ勝負でいってみるか。 それに、仕事で来たんだから食道楽はできません。 小腹が空いたので、差し入れはないかと町に出た。 お饅頭屋さんが…

万世橋を歩く

仕事の合間に、秋葉原に買い物に来た。 万世橋から神田川の下流 ( 東方向 ) を見る。 橋の北詰を見ると、何やら気になる小窓が見える。 南詰にも地上から下に降りる階段と小部屋。 かなり古い建物だが、あれは何だろうか。 地上には公衆トイレがあり、丁度地…

松平家いっぱい

深川をプラプラ歩いていると、色々な案内図がある。 そういえば。 このあたりの古地図 (安政6年(1859~1860)須原屋茂兵衛版『江戸大絵図』)の本所深川を見ると、 『松平○○』と書かれた屋敷が乱立している。 松平陸奥、松平和泉、松平下総、松平阿波、松平伊…

日本橋に ぺんぎん?

茅場橋から、日本橋川を見下ろしたら何かいる。 なんだありゃ、日本橋ですよ お江戸日本橋。 ぺんぎんみたいに立っていたかと思ったら、羽を広げた。 ずっと見ていたら、通りがかったご婦人に声をかけられた。 「なに見てらしたの?」 「あれですあれ。変な…

深川散歩~ 日本橋中洲

「2014年01月27日、深川を歩く」の最後は、日本橋中洲を辿ってみたいと思う。 まずその前に、小山内薫『大川端』の話をすこし。 小山内薫とは 小山内薫は、明治末から昭和初期まで活躍した劇作家・演出家である。 《47歳》という短い生涯だったが、日本の新…

深川を歩く ~ 旧東京市営店舗住宅

仙台堀川の清澄橋から東に進む。 この堀端は「芭蕉の散歩道」というらしい。 桜並木か、花の盛りはさぞや、 立て札に、芭蕉の句が書かれている。 おくのほそみち「忍ぶの里」の中で詠んだ俳句らしい。 海辺橋とは、きてれつな名だ。 多分この橋を渡れば、旧…

佐賀町を歩く ~ セメント工場・清澄排水機場

深川あたりは、江戸の中心地だったので興味深い史跡が点在する。 これもそのひとつ。 平賀源内電気実験の地 石碑が建っているのは江東区清澄1丁目。 読売江東ビルの一角である。 源内は48歳の時この地で、実験を行ったらしい。 石碑の横にはこんなことが書い…

佐賀町を歩く ~ 上之橋

「昔の面影がどこかにないかな」と思い、歩いていたら 上之橋についての案内板があった。 要約すると、 昔、この辺りに上之橋、中之橋、下之橋という3つの橋があって、 それらを境に上佐賀、中佐賀、下佐賀という地名だった。 中之橋と下之橋があった場所は…

佐賀町を歩く ~ 佐賀稲荷神社

仕事の合間に少し時間があいたので散歩に出る。 日本橋箱崎から隅田川大橋を渡って佐賀町を散策することにした。 隅田川大橋から上流・両国方面を見る。 このあたりは、どこからでもスカイツリーが画角に入る。 歩くコースは、こんな感じになると思う… 何故 …

春風亭一之輔 独演会

本日のメインイベントは、落語会 ≪いちのすけの嵐≫ 一緒に観たのは、先日『鳥取 珍魚祭』に集った面々。 結論からいいます。 すごく良かった! もうもう、大爆笑!! すっかり落語のとりこになった!!! 実は、生の落語を聞くのは初めてだ。 古今亭志ん朝さ…

旧東京市営店舗向住宅

清澄庭園と深川江戸資料館を堪能し、流石に空腹を覚える。 落語会の開演は18時半、まだ一時間半もある。 やはり、いくらなんでも家を出たのは早すぎたかな。 せっかく深川に来たんのだから、深川めしというやつを堪能しよう。 地域密着っぽい店があった。 こ…

深川江戸資料館

清澄庭園を出て、深川江戸資料館に向かう。 資料館の小劇場で催される落語会は19時だから、まだ3時間半もある。 ならば、徘徊 徘徊 (;'∀') 何だかレトロでいい感じの建物が続いている。 同じ鉄筋の建物が繋がっているが、それぞれ塗装が違っているのが面白い…

清澄庭園

深川江戸資料館で落語の会があるというので出かけることになり、 折角なので早めに家を出て、清澄公園に寄ろうと思う。 14時04分。 早めにといっても、流石に早過ぎたかな。 でも、どんな面白いことに巡り合えるかわからないし、 開演まで5時間もあるけれど…

鎌倉 まんだら堂 やぐら群跡

綺麗な絨毯。 敷き詰められた落ち葉の形を見ると、モミジではなさそう。 欅かな? ここは『まんだら堂 やぐら群跡』という所です。 祇園山ハイキングコースから、まっすぐ帰ればいいものを、まだ、ほっつき歩いてます。 テクテクテクテク。 小坪のトンネル上…

鎌倉 妙本寺~祇園山ハイキングコース

比企谷の妙本寺に参拝に伺いました。 ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』第2話で、志田 ( 高橋克実 ) が本を盗まれる、あの階段のロケ地。 3月に来た時も、お話、、、 えっ、話してなかったでしたっけ? ああ、ホントだ。 3月5日 [大忙しの一日]には、確…

上田の魅力 いろいろ

2013年11月15日19:51の話 上田市は、川が沢山あり水が綺麗なところだ。 ここから先は、思い出の景色をいくつか。 特にコメントはつけない。 上田市丸子文化会館 セレスホール。 ここに立って、思い出した。 以前、仕事で来たことがあったなと。 ホテルの部屋…

上田の街並み

2013年11月15日10:03の話 母の看病で上田に来ているのだが、病室にばかりいるとエネルギーが枯渇する。 健康な人がパワーを蓄えていないと、患者に分けてあげられないと思う。 その為にも、今の私に大切なのは『歩くこと』。 病院に行く前の1時間、上田駅の…

そば茶屋 生島の杜

2013年11月14日14:30の話 生島足島神社の北の鳥居の所に『いくしまの杜』というそば処があった。 信州だもの蕎麦の産地だもの、お蕎麦を食べよう。 ランチがあった。 蕎麦に、おかず3品とお新香に味噌汁にご飯がついて880円。 入店して「ランチをお願いしま…

生島足島神社

2013年11月14日13:55の話 生島足島神社は、以前通りがかって気になっていた神社だ。 その時は、母も義父もMOURIも興味なさそうだったのでスルーした。 のんびりしている時間もなかったし。 今日だって時間があるわけではない、観光に来たんじゃないが、 義父…

ジェラートを買いに…

2013年11月14日13:04の話 昨日は凄く苦しそうだった母だったが、お医者さまのお蔭で回復した。 先生が「 ( 体力を回復する為 ) 何を食べてもいいよ」というので、ジェラートを買いに出ることにした。 元気が出ると たちまち《食い込み一番》な所は、流石に私…

登戸の風景

2013年11月12日10:36の話 Ceylonからの帰り道。 最寄りの駅は向ヶ丘遊園駅だが、隣駅 ( 登戸 ) まで歩いてみよう。 登戸から向ヶ丘遊園にかけては区画整理が進んでいて、駅まで広くて真直ぐな道路を通すため、 家をどけたりして空き地が目立つ。 都市計画は…

登戸稲荷社

2013年11月12日10:21の話 Ceylonでロールケーキを買った帰り道、いい感じの神社を見つけた。 神社の名前は… 鳥居のところに稲荷社としか書いてない。 幼稚園? 保育園? 先生が、園児たちに参拝の仕方を教えている。 菊じゃないですか。 市川崑監督『犬上家…

柳橋を歩く

隅田川沿いを散歩しているうちに、もう少し足を伸ばして柳橋に行きたくなりました。 柳橋というと、昔から新橋、赤坂と並ぶ三大花街のひとつです。 芸者さんもそれぞれの地の利で特徴があるらしく。 その辺りのことを詳しく研究され、詳しく解説されているサ…

芥川龍之介 縁の地 大川端

せっかく両国まで歩いて来たんだもの、 芥川龍之介さんに縁のある場所に足を伸ばしてみようと思います。 両国の橋のたもと 以前、芥川龍之介の『ひょっとこ』『老年』『大川の水』を読んだ時、 大川 (隅田川) と百本杭に興味を持ち、一度キッチリ歩いてみた…