都内

さつまのお腹

さつまの後姿。 最近さつまは何故かわからないが、お尻を向けるようになった。 かまって欲しいけれど、自分の方からは行かないと決めたのかも知れない。 でもこの体形、やはりもっちゃりしてきたかな。 食欲も旺盛だし、ご懐妊間違いなし。 ねぇ、さつま。 …

ご懐妊 ?

さつまの様子がなんだか変で、ひっくり返してみたらお乳が張っている。 お腹に赤ちゃんがいるみたいだ。 お気に入りのコロコロで遊ぶ さつま さつま が産まれたのは、去年の5月。 初めてお目見えした時の写真がこちら。 2013年5月31日撮影さつま と とんとん…

素晴らしいサンドイッチ ~ 亜細亜料理 Bistrot Ami

仕事場で、ちょっとした祝い事があり、 スタッフが、こんな素敵な差し入れを調達してくれた。 花束か? いやいや、バケットがのぞいている。 キャンディー包みのセロファンを開けると、 美味しいウィンナーのバケットサンド。 こちらはスイーツ系 生クリーム…

cafe 奏

池袋の東京芸術劇場の2階にその店はある。 芸術劇場は、昨年の9月にリニューアルオープンした。 以前のアトリウムには、真ん中に大ホールへと続く巨大なエスカレーターがあった。 改装後、エスカレーターの位置は奥の壁沿いへと移動された。 私は前の方が好…

万世橋を歩く

仕事の合間に、秋葉原に買い物に来た。 万世橋から神田川の下流 ( 東方向 ) を見る。 橋の北詰を見ると、何やら気になる小窓が見える。 南詰にも地上から下に降りる階段と小部屋。 かなり古い建物だが、あれは何だろうか。 地上には公衆トイレがあり、丁度地…

気になる蕎麦

備忘録 7年も前の写真に、とても気になる蕎麦があった。 どんな味なのか、さっぱり思い出せない。 右側に春菊の天ぷらがあるということは温かい蕎麦なのだろうが、 蕎麦のつゆは透明にちかいただのお湯のように見える。 真ん中のミートボールのようなものは…

サッチモの遠足

最近、この辺りに血統書付の良さげな猫が出没するって話だ。 ん(?_?) 遠くに見える、あれのことかな。 ・・あんた、もしかして サッチモかい? 男同士なのに・・・ - garadanikki サッチモを面倒みてらっしゃる林太郎くんのお母さんに電話をしたら、 サッチ…

コロコロ 争奪戦

意気消沈のミーシャ。 どうしたの? 妹に、コロコロ取られちゃったのか。 最近この子たちが気に入ってるのがコロコロ。 ベルボールプラスという商品なのだが、 四個入りの中に二つしか入っていない。 残りの二つはプラスチック製で、それは見向きもしない。 …

松平家いっぱい

深川をプラプラ歩いていると、色々な案内図がある。 そういえば。 このあたりの古地図 (安政6年(1859~1860)須原屋茂兵衛版『江戸大絵図』)の本所深川を見ると、 『松平○○』と書かれた屋敷が乱立している。 松平陸奥、松平和泉、松平下総、松平阿波、松平伊…

和菓子處 田川堂

茅場町から霊岸橋を渡り、新川一丁目の交差点を左に折れたところに、その店はある。 何度か車で通り、ずっと気になっていた店だった。 仕事が佳境にはいり「ちと みなさんお疲れモードか」と思い、甘いものを差入れしようと来店した。 以前来た時は、戸口に…

日本橋に ぺんぎん?

茅場橋から、日本橋川を見下ろしたら何かいる。 なんだありゃ、日本橋ですよ お江戸日本橋。 ぺんぎんみたいに立っていたかと思ったら、羽を広げた。 ずっと見ていたら、通りがかったご婦人に声をかけられた。 「なに見てらしたの?」 「あれですあれ。変な…

シャンデリア

東京では午後から、本格的な雪が降るとのこと。 雲行きが怪しくなり、雨がポツポツ降り出した。 憂鬱だなあ。 あら 木の枝に雨のしずく シャンデリア みたいだ。 なんだか愉しくなった

ロミ君と再会

にゃんこに会いたくて集会場に行くと、「グルグル」と喉を鳴らして近づいてくる子がいた。 「グレゴリーかい?」 違うよ!とムッとした顔をしつつも「グルル」と喉を鳴らしている。 よく顔を見て驚いた。 半年前から姿を消していたロミだった。 「ロミ君かい…

深川散歩~ 日本橋中洲

「2014年01月27日、深川を歩く」の最後は、日本橋中洲を辿ってみたいと思う。 まずその前に、小山内薫『大川端』の話をすこし。 小山内薫とは 小山内薫は、明治末から昭和初期まで活躍した劇作家・演出家である。 《47歳》という短い生涯だったが、日本の新…

深川を歩く ~ 旧東京市営店舗住宅

仙台堀川の清澄橋から東に進む。 この堀端は「芭蕉の散歩道」というらしい。 桜並木か、花の盛りはさぞや、 立て札に、芭蕉の句が書かれている。 おくのほそみち「忍ぶの里」の中で詠んだ俳句らしい。 海辺橋とは、きてれつな名だ。 多分この橋を渡れば、旧…

佐賀町を歩く ~ セメント工場・清澄排水機場

深川あたりは、江戸の中心地だったので興味深い史跡が点在する。 これもそのひとつ。 平賀源内電気実験の地 石碑が建っているのは江東区清澄1丁目。 読売江東ビルの一角である。 源内は48歳の時この地で、実験を行ったらしい。 石碑の横にはこんなことが書い…

佐賀町を歩く ~ 上之橋

「昔の面影がどこかにないかな」と思い、歩いていたら 上之橋についての案内板があった。 要約すると、 昔、この辺りに上之橋、中之橋、下之橋という3つの橋があって、 それらを境に上佐賀、中佐賀、下佐賀という地名だった。 中之橋と下之橋があった場所は…

佐賀町を歩く ~ 佐賀稲荷神社

仕事の合間に少し時間があいたので散歩に出る。 日本橋箱崎から隅田川大橋を渡って佐賀町を散策することにした。 隅田川大橋から上流・両国方面を見る。 このあたりは、どこからでもスカイツリーが画角に入る。 歩くコースは、こんな感じになると思う… 何故 …

独占したい

久しぶりに昼間のにゃんこたち ツンデレ沙羅嬢は、ご飯を食べるのもひとりじゃないと駄目で。 他のにゃんこが来ると、さっさと食べて、そそくさと去る。 しかし、背中で語る。「早く! 私についてくるのよ」と。 他の子がいないところで、自分だけを撫でて欲…

春風亭一之輔 独演会

本日のメインイベントは、落語会 ≪いちのすけの嵐≫ 一緒に観たのは、先日『鳥取 珍魚祭』に集った面々。 結論からいいます。 すごく良かった! もうもう、大爆笑!! すっかり落語のとりこになった!!! 実は、生の落語を聞くのは初めてだ。 古今亭志ん朝さ…

旧東京市営店舗向住宅

清澄庭園と深川江戸資料館を堪能し、流石に空腹を覚える。 落語会の開演は18時半、まだ一時間半もある。 やはり、いくらなんでも家を出たのは早すぎたかな。 せっかく深川に来たんのだから、深川めしというやつを堪能しよう。 地域密着っぽい店があった。 こ…

深川江戸資料館

清澄庭園を出て、深川江戸資料館に向かう。 資料館の小劇場で催される落語会は19時だから、まだ3時間半もある。 ならば、徘徊 徘徊 (;'∀') 何だかレトロでいい感じの建物が続いている。 同じ鉄筋の建物が繋がっているが、それぞれ塗装が違っているのが面白い…

清澄庭園

深川江戸資料館で落語の会があるというので出かけることになり、 折角なので早めに家を出て、清澄公園に寄ろうと思う。 14時04分。 早めにといっても、流石に早過ぎたかな。 でも、どんな面白いことに巡り合えるかわからないし、 開演まで5時間もあるけれど…

八幡さまの青空個展

ちょっと足を伸ばして八幡さまにやって来た。 なんなんだ、この人だかりは。 お~ これが有名な青空個展というやつか。 この神社は、色々なマーケットの開催地になっているらしい。 噂には聞いていたが、この催しを見るのは初めてだ。 私の散歩はいつも適当…

従兄同士

昨年お話しした 《そっくりな者同士》 ぬー と 棗 の後日談。 garadanikki.hatenablog.com お互いに見慣れたのか、仲良くなり一緒に行動するようになった。 ぬー だと思ったら 棗 だったり、はたまたその反対だったり。 遠目では絶対 区別がつかない。 近く…

たぬさん VS にゃんこ

都内某所。 手前の白いのは猫 ( こたぬ ) 奥が本物のたぬ ※ 以下写真は、わかりやすいように明るめにしています。 ほふく前進で近づくのは猫 ( グレゴリー ) 闖入者が気になるらしい猫たち 別に喧嘩はしない。 猫たちはただ興味津々、見ているだけ。

どよん

ふたご座流星群というのを楽しみにしていながら、日にちを間違えて。 今日あたりかと空を見上げても、月しか見えません。 「月しか」だなんて、失礼だなぁと自分ツッコミをいれていたら、 何だか変な雲が出てきちゃって どよん とした月です。 地震とか来な…

花の似合う男の子

花の似合う男の子 黒こぶた です。今日は、花の代わりに、紅葉のかんざし。 ( ※ 黒こぶたはその後「棗 ( なつめ ) と改名しました ) 彼の下には、順番待ちのにゃんこが。。。スリスリ こっちは、ぬー ⤵ 黒こぶたとぬーは、太り加減もソックリの従兄同士。 見…

夕暮れのにゃんこたち

夕暮れ時の、愛すべきにゃんこたち 姿形は地味だし、鳴き声も寂しげ。だから余計愛おしいくなる。 甘えん坊のコタヌです。 この子はコタヌの兄のジュニア 兄ちゃん ( ジュニア ) の方が強そうに見えるけど、ホントは反対。 甘えん坊の弟 ( コタヌ ) の方がや…

チキンショップ笹金 閉店

渋谷区本町の不動通りに行きました。 自転車でもかなり乗り出がある距離ですが、商店街には私の好物店がてんこ盛り。 萬年屋さんの五家宝でしょ? サモサのカレー&ナンに、大阪やきさん太のお好み焼き。 何といっても絶品なのが、チキン笹金の鶏もも肉の照…