当ブログは、メインブログから《散歩・旅行》関連を抜粋しています。全てのコンテンツは、こちら →GARADANIKKI にございます❤

いざ鳥取へ

 

MOURIの同僚 KYOU ちゃんのお誘いで、彼女の地元『鳥取』に行くことになりました。
メンバーは、KYOUちゃん、TAMIりん、MOURIとワタシの4人です。

『鳥取旨いもんツァー』の旅程は、
出発は金曜日 ( 会社が引けてから飛行機に飛び乗る ) 、帰京は月曜日 ( 朝一番の飛行機、付いたらそのまま仕事 ) という、目一杯 超過密スケジュール。

f:id:garadanikki:20140914233431j:plain   f:id:garadanikki:20140914233432j:plain
京急 羽田空港国内線ターミナル
東京は、まだまだビジネスモード。
  鳥取空港 「リトット」
この砂像、ご当地まつりのキャラクターなんだって。あたりは真暗、このほか何にも見えないわ。


f:id:garadanikki:20140914204148j:plain
空港には、KYOUちゃんのお母様 ( MINAMI母さん ) の計らいで、KENさんが、迎えに来てくれました。
KENさんとKYOUちゃんとは面識がありません。

MINAMI母さんから「空港に着いたら、イケメンを探せ!」とのお達しが。。。

KENさん、一発で見つかりました。



車で向った先は、『天体望遠鏡がついたコテージ』です。

( ここもMINAMI母さんの計らい )

コテージでは、MINAMI母さんとご親戚の親娘が待っていてくれました。

KYOUちゃんの兄 ( HOKUTO兄さん ) は、天体望遠鏡をセッティングしているとのこと。

早速、上階の展望室に行ってみます。

f:id:garadanikki:20140914233433j:plain   f:id:garadanikki:20140914234225j:plain
この望遠鏡、コテージの上階に付いてるんです。
スイッチひとつで、天井のドームがグワーッと開く。
サンダーバードのテーマ曲が、聞こえてきそう。
  望遠鏡の操作は、パソコンでします。
星とか惑星の名前を入力すると、その方位を計算して、望遠鏡が、自動で動く。

 

f:id:garadanikki:20140914234226j:plain

「おおっ、火星が見えた。オレンジだ!」 代わる代わる、望遠鏡を覗く。
「次は、冥王星を見よう!」 望遠鏡を覗き込んだMOURIがひと言。
「あのさぁ、さっきと同じオレンジが見えるんだけど…」
 「なになに?」
  「…ひょっとして、コレ、ゴミじゃねっ?」

誰も口にはしなかったが今日は、雨のち曇り。

こんな立派な施設に泊まったのに、結局一晩中、空は厚い雲に覆われ、

星ひとつ月さえ見えませんでした。

「こうなったら飲むしかない」

切替えが早いというか、みんな酒好き。一晩中大宴会。

酔っ払ったMOURIがカミングアウトしました。

「実はオレ、曇り男なんだ」

翌日からMOURIは、「雲ゆき」「おい、雲」「くもすけ」などと呼ばれることになりました。